助産師になる方法

正常な分娩であれば医師の指示がなくても助産をすることが出来る助産師。生命の誕生に想いの強い人は憧れる仕事の一つですね。しかし、生命の誕生に関わるためやはり簡単に取得できる資格ではありません。

 

助産師になるためには、助産師国家試験に合格する必要がありますが、まずこの試験の受験資格を得るために、看護師の資格を取得したあとに、定められた1年以上の学科を習得する必要があります。

 

教育課程としてはいくつもありますが、看護師の資格取得後に2年間大学院で学ぶ方法や、1年間で学ぶ専攻科、大学別科、専修学校などが主な方法となっています。中には大学の4年間で助産コースを選択することで、看護師と助産師の資格を取得できるケースもあります。

 

命の誕生する現場に一番近い存在であるため、学科や実習は多忙で、とてもハードなスケジュールになっています。仕事の内容としては、助産だけでなく、赤ちゃんや妊婦さん、ママさんにアドバイスやケアの出来る存在で、開業権もあるため、助産院の開業を目指すことが出来る、非常にやりがいのある仕事だという事ができるでしょう。